行政書士 岩崎福実

アクセスカウンタ

zoom RSS 感謝されて当然なのだが、

<<   作成日時 : 2005/09/02 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

他県の行政書士から業務依頼を受けた。
許可要件の根幹を成す業務ではなく、他県からでも収集できるもので、新米の事務員にもこなせる部分の業務だ。しかし、電話での打ち合わせの段階で不安を覚えた。

最低限の許可要件を確認しないまま計画はどんどん進んでいた。万一の場合、指示されたまま単純業務を進めても全ては無駄になり、事業計画者は日程の経過とともに莫大な損害が発生すると予測された。

案の定要件は足りず、当然に許可は下りない。依頼があれば指示に従い業務はこなすと伝えつつ、それとなく現状を伝え、判断材料も提供した。

この功は奏し、すでに取り掛かった工事は中断され、損害の拡大はまぬがれた。
しかし、プライドを傷つけたのか、その後の連絡はない。

お客様の「前向き」を大切に ! 行政書士 岩崎福実

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
失敗・自慢


 当事務所は、複数の資格を擁する事務所と違い「行政書士資格」のみの専業事務所です。
 したがって、労務や税務といった業務は請け負っておらず、いわゆる「許認可」専門となっています。
 開業当初は行政書士の知名度の低さにモヤモヤするものがありましたが、いろいろな業務をこなしているうち「行政書士」は案外やりがいがあり、むしろ他の資格をもたない「専業」がゆえに可能となる業務も多々あると知りました。
 当事務所では、社会福祉・私立学校・医療法人の設立認可申請のような特殊な業務から一般的な業務まで、どのような案件も真摯に取り組んでいます。
 お困り事がございましたら是非ご相談ください。
  • メール相談←クリック
  • 電話相談 平日09:00〜18:00
    084-924-0440
  • 感謝されて当然なのだが、 行政書士 岩崎福実/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる